ホーム>クラフト制作工程>キーホルダー
  • コンセプト
  • 商品一覧
  • オーダーメイド
  • 作品ギャラリー
  • お買い物ガイド
  • ブログ

キーホルダー

キーホルダー製作工程

作業工程1

作業工程1

製作ラインの決定
銀の地金925の板にマジックで切り出すラインを
記入します。
普通はケガキで線を入れるのですが・・・
年齢的にラインが見えにくいので
私は、細めのマジツックを使用しています。

厚み2mmの地金を使用

 作業工程2

 作業工程2

ラインに沿って糸鋸で切り出します。
真っ直ぐ引くときに力を要入れ
リズミカルに切り出します。
鋸刃は0番を使用鋸刃を、少し
強めに張って使うとうまくいきます。
支える左手がかなり疲れます。
無理な力を入れると鋸刃が折
れるので注意が必要です。

 作業工程3

 作業工程3

ヤスリにてラインを整えます。
ヤスリを斜めにあてがい、
ヤスリは前方に真っ直ぐ押す
ように使います。
この時も支える左手がかなり
疲れるので、根気よく、納得い
くラインが出るまで、ひたすら
削ります。糸鋸での切り出しが
上手く出来ていれば、それ程
削ることも無いです。

作業工程4

作業工程4

ヤスリがけが終わり土台の上にトルコ石とサンゴをレイアウト全体のバランスを考え
フェザーの大きさを割り出し
次の工程に進む準備をします。

作業工程5

作業工程5

トルコ石とサンゴを土台に
取り付ける為のふくりんを
製作します。
それぞれの素材にあわせた
巾の物を囲む長さにカットし
バーナーで赤くなるまで
熱し、これを水に入れると
焼きなましと言い、シルバーが
柔らかくなります。

作業工程6

作業工程6

柔らかくなつたパーツをヤット
コでトルコ石に沿うよう丸め
トルコ石とサンゴを土台に
取り付ける為のふくりんの
製作準備をします。
少し長めのものを石に沿わせ
てから、余分な分をカットしま
す。

作業工程7

作業工程7

トルコ石に沿うよう丸めたふく
りんをつなぎ合わせる作業を
行います。
切り口にフラックスを塗り
銀ロウを置きロウしバーナー
で熱し、ふくりんを完成させます。
ふくりんを溶かさないように熱
コントロールします。

作業工程8

作業工程8

続いて飾りのフェザーを作ります。
レイアウトから割り出したサイ
ズの大きさに地金をカットし、
芯の部分の銀線をロウ付けし
ここでは、大雑把に形を作って
おきます。
私は、地金の端材を利用します

作業工程9

作業工程9

続いてフェザーをリアルにする
為自作の刻印で羽根のマテリ
アルを細かく打刻していきます
焼きなましの状態ですので綺
麗に打刻できます。
羽根のマテリアルを思い浮か
べ丹念に仕上げます。

作業工程10

作業工程10
自作の刻印で羽根のマテリアル
を細かく打刻し裂け目を糸鋸で
入れヤットコで反りを入れより
リアルにします。
ヤスリで整え、リューターで仕
上げておきます。

2種類のフェザーを作りました。

作業工程11

作業工程11

土台の地金にインディアンチッ
クな刻印を打ち装飾します。
フェザー・ふくりんを最終レイ
アウトし、全てをロウ付けし
ます。
これで土台が完成です。

作業工程12

作業工程12

トルコ石・サンゴをはめ込みふ
くりんを削りインディアンチック
にしていきます。
石止めを完成させたら、それら
しくなったとおもいませんか?

インディアンの血が騒ぐ瞬間?

作業工程13

作業工程13

より刻印・フェザーのマテリア
ルをはっきりさせる為に銀を
燻します、燻すとは・・・・
銀を酸化させて黒くする事、
私は、薬局でムトーハップを
購入しお風呂に入れず・・・
銀を燻しております。

作業工程14

作業工程14

リューターにて細部まで磨き
明暗を付け全体にメリハリを
出します。
お客様の要望でオールドな
仕上がりに致しました。
上下にシルバーのリングを
取り付けキーホルダーを完
成させました。