ホーム>オンラインショップ>伝説の部族 イサヤ
  • コンセプト
  • 商品一覧
  • オーダーメイド
  • 作品ギャラリー
  • お買い物ガイド
  • ブログ

伝説の部族 イサヤ(商品数:11件)

西暦1000年モンゴル平原に幻の連合部族、「平原の七部族」があり、スサノ・ニルン・マウラ・ホピノ・カラフ・アルス・カカニの七部族で「スサノ」は連合部族の長であり最大の部族だったが、歴史上の戦いの渦に巻き込まれその名前も歴史も消滅していたが2012年輪廻転生の覚醒により甦る幽かな記憶を現代に具現化した伝説の部族の末裔、幻の部族【イサヤ】の武器具・アクセサリー・小物を当店のみにて販売。

古文書【イサヤ伝書】より抜粋

「スサノ」は狩りを得意とし、弓の扱いに秀でた勇猛な部族である
「ニルン」は罠を得意とし、獣の習性、生態に詳しく叡智な部族である。
「マウラ」は住まいを創りトーテムポールを彫る技術集団の部族である。
「ホピノ」は武器をつくり、ジュエリーを制作する職人部族である。
「カラフ」は畑を耕し家畜を育てる農耕部族である。
「アルス」は星々術と占いにより部族を導くシャーマン部族である。
「カカニ」は薬草、ハーブに詳しい山岳部族である。

「スサノ」の末裔「イサヤ」は7部族全て叡智を伝承1500年に歴史から消滅。

「平原七部族」の証として銀と梟の羽根で創った「魔御射矢」をそれぞれの部族長が一本づつ持ちそれを部族の宝「七本魔御射矢」とした。

七部族は互いの技術・能力を交流し新たな力を高め、平和に暮らしていた。

とても平穏な時が100年を過ぎた頃、西の国より胸に十字の印ある部族が我が種族の宝「七本の魔御射矢」を差し出しその種族の「神」を信仰しろと強要したが、我が族長「白い狼」はこれを断り、平原七部族「七本魔御射矢」を守る部族が集結、これに応戦、西の国に追い返した。

しかし、敵の戦力は強大、見たこともない最新兵器を使い我が部族を壊滅状態に・・・・・